top of page
  • 執筆者の写真亜由美 土肥

役者の撮影について


フォトセッションすることと芝居をすることは感覚的な面でよく似ていて

嘘なくそこに「立つ」を出来るかにかかっているように思う。

厳重に鎧を着込んだ写真ではなく、ニュートラルでいる写真を撮りたくて。

日々修行は続きます。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page